Record coating

レコードコーティング

年月を経たレコードジャケットは、紙そのものの強度の劣化が避けられません。 又、紫外線による印刷面の劣化や汚れ、カビや傷がついてしまいます。

 

 

 

 

もちろん、それを良しとするコレクターの方も多いと思いますが、ジャケットを発売当時に近い状態に再生したい方や、日常生活の中でジャケットの汚れや傷を気にせず、気軽にレコードを聴きたい方は、当社の『レコードジャケットコーティング』をお試しください。

当社は公立図書館のブックコーティングを事業の1つとし、この技術をレコードジャケットコーティングに応用いたしました。

ジャケットの表側については100%、ポケット部分は約2cm程内側までフィルムコートするする事で、ジャケットの印刷面がクリアーに再現され、強度は新品時と同程度以上になります。

使用するフィルム

 ●レコード本体の弱点であるゴミ、ホコリ等を寄せ付けない帯電防止機能付クリアーフィルムを使用致します。

 ●コーティングする事で、アーティストの肖像が驚くほど生き生きと蘇ります。

    新しく再生されたジャケットを眺めながらのレコードライフをお楽しみください。

UVカット加工

太陽光・蛍光灯などによる図書の退色、変色を防止します。

抗菌加工

カビ等の雑菌の繁殖を抑えます。

環境に優しい

焼却時に有害ガスを発生しない、環境にも配慮したフィルムです。